透き通った透明な世界に

http://sukitoottatoumeinasekai.web.fc2.com/の別館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【小説】変わった事、変わらない事。その2

船はあっという間に、島に近づいていた。

しばらく話していた時に、帰りはどうするかという話になり、俺の家まで送ってくれる事になった。

小さい頃、まさか車に乗せてもらうとは思わなかった。

まぁ、大人になった自分を想像できなかったからなんだがな。

「散らかっているが、まぁ気にすんなよ」

懐かしい道。

俺は変わったかと言えば、変わった振りをしていたんだろうなと思った。

なんだろうか。

俺はまだ、甘えていたようだ。

かわらないものに甘えているような気がした。


このままではいけない。

俺はそう思いながら、幼なじみと話をしていた。

家についた。
「ありがとう。お休みなさい」

「ああ、お休み」


久しぶりだ。

うちに帰る時に憂鬱にならずに帰られるのは。

感謝しながら、家についた。

スポンサーサイト

創作 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<変わった事、変わらない事。 後書きみたいなもの | HOME | 【小説】変わった事、変わらない事。その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。