透き通った透明な世界に

http://sukitoottatoumeinasekai.web.fc2.com/の別館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【小説】しゅがー

私の親友、ひなたがよく付けていた香水。
「相変わらず甘ったるいな。」

私は普段、さっぱり系の香りの香水を付けていた。
しかし、ひなたが使う香水を付けることになるとはね……。

ーーーーー
「えなみ、お待たせ。」

いつものように、フリフリピンクの洋服でやってくるひなた。
「お嬢様、ようこそ。」

「あー、またそういう事いうのー、意地悪だなぁ」
「申し訳ございません。姫。」

いつも、こんなやりとりをする。

その時にかすかに香る香水の香りが、ひなたという人間を連想させる。

「ひなたは、お菓子持ち歩きすぎだよ!お婆ちゃんの飴じゃないんだからさ。」

「いいじゃない、お腹減ったら買い食いしなくてもいいようにだよ。」

大体、ひなたの持っているお菓子は甘い奴ばかりで、こいついつか糖尿病になるぜ?ってくらい甘いお菓子を食べている。

「でも、えなみが食べる物はジャンクフードばかりで身体に良くないよ。」

「うっ……うっせーな。てめーに言われたかねぇよ!糖尿病予備軍めが!」

さすがに、カチンと来たんでそう言ってやった。ちょっといい過ぎたかね。
「ごめん。えなみ。」
大人気ないな。
「私も悪かったわ。ほら、仕方ないな。ミセド奢りますかね。」
そんな私は、ひなたに甘いと思う。
「やたっ!なら、ポンドリングにしよーっと。」

色気より食い気。それが、私達の共通点であった。

休日は、こうやって2人で食べ歩いて楽しんでいた。

しかし、私達2人は高校を卒業と同時に都会の大学に行くひなたと、地元の企業に就職する私と進路と住処は違っていた。

「寂しいね。えなみにたかれなくなっちゃうね。」

「ちっ、なんだそりゃ?」
「なんか、学校卒業とか実感ないね。」
高校時代からの付き合いだが、振り返ってみれば結構2人で居すぎて、1人でいるのが怖く感じる私が居る。
「1人で居るの慣れっこだったのに。いつだっけか?腹減ってお腹鳴った私にキャラメルくれた時からの仲だな。おい。」
なんか、素直になれないが、感謝している。
そうこうしている内に、休みは1人になった。メールはしているが、寂しかった。

部屋で、寂しくなったらひなたから貰った香水をつけている。

ひなたの夏休み。地元で会う約束をしている。驚かせてみようかな。

この匂いが好きになったって事を。

ひなたは大切な……。
「えなみ」

-END-
スポンサーサイト
創作 小説 | コメント:2 |

【小説】風のにおいと空のいろ

昨日は「明日」から頑張るぞって思っていた。

気づいたら、また今日も終わりそうな時間だった。

働かなきゃ。

外に出るのが怖かった。ひしひしとつたわる視線の痛み。

周りが怖い。

もう、嫌で嫌で仕方ない。

引きこもり生活が拍車が掛かり、私は1日ぼーっとしていた。

駄目だ駄目だ。

こんなに無駄な時間の使い方は。

そう思い立ったが吉日。

よし、これから手紙を書く事にしよう。

相手は誰にするか?

うーん、なら多分誰もかかない相手「風と空」に書いてみるか?

早速、今までコレクションしていた便箋(きいちの塗り絵)を取り出して書き始めた。


風と空へ

はじめまして、と……書くのは如何な物かと。

多分、毎日お会いしてますがあなた達に言いたい事があるのです。

まず、風は私がグラウンドにいたら砂埃とかわざとか?

目に入ったんだからな?

空は、天気予報の数パーセントを外してくれるね。

傘嫌いになったのは、予報が外れるからなんだ。毎日傘持ち帰っていたんだからな。


なんて、私は本当なら人に手紙を書くべきなのでしょう。

ただ、今は人に接するのが怖いのです。

周りはもう、充実した生活を過ごしているのでしょうね。

私の今の生活を知られたら恥ずかしいのです。


なら、働けと申す人もいましょうか?

ただ、過去受けた恐怖は拭えないのです。


風は気分屋みたいなものですね。

空もそう。

意外と私達は似ているでしょう。

文句をいわれる所がね。


でも、あなたたちはめげない。

そこが羨ましいです。

私はすぐにめげます。
めげるのが日課です。

もう、そろそろ大人にならないとと思っても、まだまだです。

早く
あなたたちみたいにおおらかになりたいです。

多分、今度手紙書く時は成長している時かなと思う。でも、成長しているなら人に手紙書けるよね。



手紙を書いて
封をして

風船にくくりつけて、風に飛ばした。


それを拾った人から手紙を貰った。

名前入りだったから?

迂闊だったな。

しまったなと思った訳だが、その手紙には暖かさがあった。
知らない人に手紙をくれるんだから、気前よいんだなと。

私はその人と文通をした。

そうしている内に私はその人は私にとって大切な人になった。




創作 小説 | コメント:4 | トラックバック:0 |

【小説】くちびる

彼女の羽音(はおと)は、風呂上がりの俺に唇を近づけてきた。

「んー」

年の差カップルで、彼女が年下の場合。
「オジサンをからかうんじゃないんだぜ?」

と、彼女に言うと。

「オジサンって言うなぁ」

微笑ましい光景らしい。あまりよく分からん。

羽音と付き合ってから、キスするのでさえ抵抗なくできる行為なんだが。

やはり、それでも相手に気を使う。汚れていない少女に自分をぶつけているような感じで。

心の叫びをぶつけている感じ。

彼女の唇は柔らかい。女の子の唇だ。

もぎたての果実みたいな感じがたまらない。

「修治、大好き」

年下の彼女のいいところは、まるで妹のような感じか?

俺だけに見せてくれる笑顔をこの娘は持っている。

まだ、見せて貰っていない表情をこれからもみせてほしい。

この願いは我が儘なんだろうか?

前、彼女に「僕でいいのかい?」と聞いたら

「修治がいいんだよ?」

って、言ってくれた。嬉しい。ありがとう。


これからも、たくさんキスをしよう。羽音。


海外のドラマでの挨拶のキスをみてビックリしてたのが、嘘みたいな今の自分。

キスは素晴らしいな。
創作 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

変わった事、変わらない事。 後書きみたいなもの

学生時代、授業の時には妄想ばかりしていたんですが

作品書くのはいきおいが必要だわ。


性別は悩みました。女性なら女性でアリかもなんですが、女性が男性視点書くのは難しいらしいという話をきくから、悔しいから書いてやるみたいな挑戦です。

携帯で書いているから携帯小説みたいな感じですが(うーむ……どうなんだ)


ちょっと実話を入れてみました。
創作 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【小説】変わった事、変わらない事。その2

船はあっという間に、島に近づいていた。

しばらく話していた時に、帰りはどうするかという話になり、俺の家まで送ってくれる事になった。

小さい頃、まさか車に乗せてもらうとは思わなかった。

まぁ、大人になった自分を想像できなかったからなんだがな。

「散らかっているが、まぁ気にすんなよ」

懐かしい道。

俺は変わったかと言えば、変わった振りをしていたんだろうなと思った。

なんだろうか。

俺はまだ、甘えていたようだ。

かわらないものに甘えているような気がした。


このままではいけない。

俺はそう思いながら、幼なじみと話をしていた。

家についた。
「ありがとう。お休みなさい」

「ああ、お休み」


久しぶりだ。

うちに帰る時に憂鬱にならずに帰られるのは。

感謝しながら、家についた。


創作 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。